合気道愉々会・合気道研究部 - 武の達人・宇城憲治

▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼ 武の達人・宇城憲治

武道・武術の「達人」と呼ばれる人を紹介していきます。

沖縄古伝空手の達人・宇城憲治
ウィキペディア:宇城憲治」より抜粋

宇城 憲治(うしろ けんじ、1949年1月15日 - )
空手家。宮崎県小林市出身。

全日本剣道連盟居合道教士七段。心道流空手道心道会範士八段。
1967年に宮崎大学入学と同時に空手を始める。
卒業後、大阪に移り、座波仁吉(1973年より心道流空手道心道会最高師範)から直接指導を受け始める。
宇城が座波仁吉師範と出会った時、当時六十代であった座波は二十代の宇城の攻撃を全て封じ、年齢によって衰えない古伝空手の力を見せ付けた。この出会いから宇城は座波に師事することになり、空手のスタイルもスポーツ空手から古伝空手へとシフトする。

1986年由村電器(株)技術研究所所長。1991年同社にて常務取締役。
1993年から季刊『合気ニュース』(合気ニュース)に武道論の発表を開始する。
1996年より東軽電工(株)、1997年より加賀コンポーネント(株)の代表取締役に就任。
2000年2月、池袋コミュニティ・カレッジにて初の公開演武を行う。以後、フルコンタクト空手や各種スポーツ選手への指導を開始する。
2004年よりUK実践塾を主宰し、また2007年より宇城道塾を主宰する。

50歳前後から古伝空手の術理を体現する達人として名を知られはじめる。シュートボクシングの元世界王者吉鷹弘や極真空手の元王者数見肇、同じく極真空手の岩崎達也は宇城と組手を行うと先手を取られ攻撃を封殺される状態になるといい、その技に心酔して弟子入りしている。他に現役のK-1選手やアジア大会空手競技金メダリストをも自由組手で圧倒するという。


以下はイギリス・BBCテレビで放送された映像。(英語。8分49秒。)
● 屋外で弟子と型の稽古。その後組手稽古。組手では相手の攻撃を円く捌いて無力化させる。また間合いを支配し、相手に攻撃を出させない、気で圧して相手を追い詰める。
● 次にゴルフの練習場に行き、居合わせた若い女性達に護身術を指導。リポーターの大柄なイギリス人男性を暴漢役にして女性達にやっつけさせる。そのあと宇城がリポーターに直接古伝空手の必殺技を伝授。最後に「彼と戦ってはいけない!殺されますよ!」とリポーターが締めくくって終わる。



関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

訪問者数

プロフィール

合気道愉々会ブログ管理人

Author:合気道愉々会ブログ管理人
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。